教育情報館

教育や習い事など、学ぶことについてのブログです!

25 12月
0Comments

幼少期の英語教育のポイント

幼少期の英語教育には幾つかのポイントがあります。
この時期の英語教育には数多くのメリットがあり、英語という外国語に対して拒絶しない事、吸収力が非常に優れているという事、楽しみながら無理なく習得できるなどの様々なメリットがあります。
しかしながら、この時期の英語学習には幾つかの注意点もあり、予めこのポイントを踏まえた上で、お子様の英語教育に取り組む事が不可欠なのです。
先ず、高度な英語学習を幼少期から始める事で、母国語に影響を及ぼす可能性があります。
国内で生活する上では、母国語の習得は不可欠で、英語と共に母国語の能力も向上させていく必要があります。
しかしながら、このような問題は、英語でコミュニケーションをとる必要がある環境に加え、母国語でも話す場があれば容易に解決できます。
その為、両方の言語でコミュニケーションとる時間をもち、効率良く外国語を学んでいくことが大切になるのです。
次に、幼少期の英語教育のポイントとしては、会話の中で両方の言語が混乱してしまうというものがあります。
このようなケースでは母国語の基礎的な部分をしっかり学習しておく事で、複数の言語に対応できるようになります。
その為、母国語の基礎を学ぶ為の時間を確保しておき、継続的に母国語でコミュニケーションをとり、母国語を学ぶ生活習慣を続ける事が重要になります。
このような基礎的な語学学習を生活の中に取り入れておくことで、自在に両方の言語が操れるようになります。
このような学習習慣を身につけておけば、大人になっても複数の言語に対応できるようになるのです。
そして、幼少期には英語を話せるようになったけれども、母国語でコミュニケーションをとる環境で長期的に過ごすようになり、英語を忘れてしまうというケースもあります。
語学を習得する事はコミュニケーションの手段ですので、使用頻度が低下するとそのスキルは失われてしまいます。
その為、英語のスキルを維持する為には、生活環境が変化しても継続して学習し続ける事が大切な要素となります。

 
Comments are closed.